アスカモデル シャーマン 戦車模型のラジコン化 その2 走行動画


シャーマン 戦車模型のラジコン化 ★その1 VSタンクの埋め込み
★その2 走行動画
★その3 OVM取り付け

このプラモデルをラジコン化します!
1/35 アメリカ中戦車M4A3E8シャーマン イージーエイト アクセサリーパーツ付


やっとここまで組み上がりました。砲塔は幌付き(画像)と幌なしが選択式で作成できます。うまく作れば差し替え式にできそうです。
img_6503
走行動画(アオシマ「1/72 RC VS タンク 10式戦車 B」移植)

赤外線発光装置はオミットしましたので対戦はできません。代わりに砲塔は360度回転します。アオシマの1/72 10式戦車を移植に使いましたが速度の比例制御、緩旋回、超信地旋回が出来る実にすぐれものです。

サスペンション可動

1/72戦車の中身を移植していますので1/35にはトルク不足です。ノート程度の段差でもスタックします。バネのないシーソー式サスペンションなのでちょっと動きが硬いです。追記:のちに単4充電池3本に置き換えてパワーアップしました。ノートくらいなら余裕で乗り越えます。

前回からの制作の続き

順番が前後しましたが画像の状態に改造するまでの作業です。
img_6466
ガイドローラー類に小型ベアリングを仕込みました。ebayなら10個400円程度で手に入ります。
img_6468
アスカモデルのランナーはタグが非常に見にくくパーツがバラバラに配置されているためマスキングテープなどで目立つタグを付けるのがオススメです。作業が圧倒的に捗ります。
img_6469
スカートを付けました。
img_6472
タミヤと違って精密で手間がかかるのでマニア向けですね~。
img_6475
赤外線受光ユニットはエンジングリルに埋め込むことにしました。コード類はそのままで届きます。
img_6476
台座はエバーグリーンのスクエアパイプを使って慎重に位置合わせをしました。元からオミットするつもりでしたが赤外線発光ユニットは断線してちぎれてしまいました・・
エバーグリーン プラ材 スクエア パイプ 256 9,5mm×9.5mm (2本入り)
img_6477
この位置でも受信は問題ないようです。
img_6486
電源スイッチを外から操作できるように基盤を固定しました。基盤固定ボスは元の10式戦車から移植しビス止めしています。周囲をプラボードで固定しないとスイッチを動かす反力で基盤が回ってしまいまうので注意。
img_6488
スイッチカバーは10式戦車のパーツそのものです。
img_6493
充電端子をカバーと合わせながら位置決めして固定します。
img_6501
先に小さな穴を開けて、何度も本体カバーを合わせながら穴中心が合うよう拡大していきます。それでもずれてしまったのでランナーを使って埋め立てて削りだしし直しています。
img_6502

ガルパンの公式1/24戦車ラジコン(スカイテック製)が出るとのニュースが入りました!見たところアオシマ(スカイテックOEM)の1/72のコントローラーによく似た新プロポになっています。スカイテックの1/24戦車は微妙に速度が比例制御でなかったり(前進のみ3段階調整可で無段階の1/72に劣る)、タイガー戦車以外はゴムキャタピラだったりするのでそのあたりがちょっと気になります。

シャーマン 戦車模型のラジコン化 ★その1 VSタンクの埋め込み
★その2 走行動画
★その3 OVM取り付け

1/35 アメリカ戦車プラモデル一覧 ★M1エイブラムス
★M551,M56,M22空挺戦車
★M103ファイティングモンスター
★M46,M47,M48,M60パットン
★M41ウォーカーブルドッグ

★T28重戦車
★M36ジャクソン駆逐戦車
★M26パーシング
★M24チャーフィー
★M10駆逐戦車
★M4シャーマン タミヤ
★M4シャーマン アスカモデル
★M4シャーマン ドラゴン
★M3リー/グラント
★M3,M5スチュアート


人気記事(週間)