アスカモデル シャーマン 戦車模型のラジコン化 その1 VSタンクの埋め込み


シャーマン 戦車模型のラジコン化 ★その1 VSタンクの埋め込み
★その2 走行動画
★その3 OVM取り付け

このプラモデルをラジコン化します!
1/35 アメリカ中戦車M4A3E8シャーマン イージーエイト アクセサリーパーツ付


「1/72 R/C VSタンク」のメカを戦車プラモデルに移植!

1/72 RC VS タンク 10式戦車 B

移植用のトイラジコンにはアオシマの「1/72 R/C VSタンク」シリーズを使います。今回は10式戦車です電池蓋のネジを外し、続いて下面のネジ3点を外します。ネジ種類がいくつかありますので忘れないよう写真を撮っておくと良いです。
img_6420

中はこんな感じです。ネジ止めは砲塔回転ユニットが2点、メイン基盤が1点、ギヤボックスはセンターと中央側の1点のネジを外せば分解できます。ボンドで付いてる部分もあるので注意して剥がしてください。
img_6421

砲塔はスナップフィット+軽い接着でくっついているので慎重に剥がします。
img_6422

砲塔とメイン基板をつなぐコネクタを慎重に外します。
img_6423

このように分離できます。
img_6425

ギヤボックスから起動輪を外します。まずはセンター部分で剥がして、次にラジオペンチで軸を抜きます。うまくやればキレイに傷なく外せます。
img_6426

メカ部分を完全に分離しました。これをプラモデルに移植します。メイン基板からコードが出ているのが左からギヤボックス、砲塔回転ユニット、充電端子、バッテリー端子。上に分離しているのが赤外線受信ユニットと赤外線発光ランプで、右に分離しているのがバッテリーになります。
img_6427

戦車模型のラジコン化!

1/35 アメリカ中戦車M4A3E8シャーマン イージーエイト アクセサリーパーツ付

組み上げた車体の起動輪にメカを組み込みます。10式はリヤに起動輪があるので、フロント側起動輪のシャーマンにはギヤボックスをひっくり返して使用します。位置決めパーツを自作してあちこち削ってすり合わせの連続です。こういった工作には作業性がよく厚みのあるプラボード(密度の低い発泡タイプのプラ板)が便利です。
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.146 プラボード2mm厚B4サイズ 2枚入 (70146)
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.3 プラバンセット (70003)

img_6431

車体は透けるくらい削りこみました。
img_6430

ギヤの軸長さが足らないので2.1真鍮パイプを継ぎ手に使いました。接着は流し込み系はギヤボックスにまわって悲惨なことになるので厳禁です。当初はゼリー状瞬着を使いましたが剥がれてくるのでエポキシ接着剤が適切です。固まらないうちに回転させてぶれていないかチェックしてください。
NEW C・パイプAセット (1.1/1.6/2.1/2.6)
瞬間エポキシ接着剤
img_6439

ビシっとセンターに決まりました。
img_6443

転輪側には2.1真鍮パイプ+プラパイプ、本体接続には1.6パイプで写真のように作りました。
img_6445

何度も仮組みします。
img_6446

軸ブレが無いようチェックしながら起動輪側のみエポキシ接着しました。本体との接続部には回り止めのピンを打ち嵌め込み式(非接着)にします。
img_6462

誘導輪はポリキャップ全体を削って回転をスムーズにします。
img_6449

ラウペンモデルの追加キットで可動化したキャタピラはゴムベルトより3コマほど長くしました。最後の差し込み側は真鍮線のピンに置き換え、受け側はバラけないよう中央で真鍮線で繋いでいます。
img_6461

残りのメカ部分を適当に放り込みます。
img_6451

充電して走らせます!良い感じです。
img_6452

砲塔の回転メカの移植!

砲塔の部分をドリルして円上にくりぬきます。
img_6453

5mmプラ角棒とプラ板で砲塔の台座を作りました。車体上面と砲塔を乗せてセンターに印をつけサークルカッターでくりぬいています。今回は全周回転させたかったので回転部の回り止め突起2点をこの後削り落としています(コードが引っ掛かるため砲塔内のバトルユニットは乗せずオミットしようかと考えています。ただ赤外線受光ユニットが見える位置に来ないとコントローラーの反応が悪くなるので要検討事項です)
オルファ(OLFA) コンパスカッター 57B
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.131 プラ材5mm角棒 6本入 (70131)
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.3 プラバンセット (70003)
img_6454

砲塔の側を取り付けます。回り止めをつけただけの単純な構造です。
img_6455

砲塔部分を組み立てて取り付けました。ラジコンとして形になりました!
img_6456

微速前進からのプロポーショナルな速度調整、左右の回転差による旋回、超信地旋回と殆どホビーラジコン並みの動きです。元々が1/72用のユニットなのでトルク不足で段差の乗り越えなどは苦手でフローリングなど摩擦の少ないところで走らせるのに適しています。タイガー戦車にフリウルだと動くので精一杯になるんじゃないでしょうか。
img_6459

1/72 RC VS タンク 10式戦車 B

アオシマ(スカイテック)の「1/72 R/C VSタンク」は思った以上に素晴らしいトイラジでした。小型、中型戦車プラモデルのラジコン化には最適だと思います。実売4000円の圧倒的コストパフォーマンスに1/72サイズのコンパクトなメカ。腕に覚えのあるモデラーには大変おもしろい素材です。
img_6463
あなたもお気に入りの戦車のラジコン化に挑戦してみてはいかがでしょうか!
img_6464

シャーマン 戦車模型のラジコン化 ★その1 VSタンクの埋め込み
★その2 走行動画
★その3 OVM取り付け


1/35 アメリカ戦車プラモデル一覧 ★M1エイブラムス
★M551,M56,M22空挺戦車
★M103ファイティングモンスター
★M46,M47,M48,M60パットン
★M41ウォーカーブルドッグ

★T28重戦車
★M36ジャクソン駆逐戦車
★M26パーシング
★M24チャーフィー
★M10駆逐戦車
★M4シャーマン タミヤ
★M4シャーマン アスカモデル
★M4シャーマン ドラゴン
★M3リー/グラント
★M3,M5スチュアート



人気記事(週間)